ゴキブリの幼虫の行動範囲は最初はそれほど広くはない

ゴキブリの巣の周辺には、ゴキブリの糞やゴキブリ幼虫がいることがあります。ゴキブリの幼虫の行動範囲は最初はそれほど広くはないため、ゴキブリの巣の周辺に集中することが多いです。ゴキブリは幼虫の間はそれほど行動範囲は広くありませんが、成長するにしたがって徐々に行動範囲を広げていきます。そのため、ゴキブリの幼虫から大人のゴキブリに近づいていくとだんだん家の色々なところに現れるようになります。ゴキブリを退治するためには、まずはゴキブリの巣の周辺にゴキブリを駆除するための駆除剤を置きます。そうすることで、ゴキブリの巣の周辺にいるゴキブリの幼虫を成長する前に退治してしまうことができます。ゴキブリ対策で大切なことはゴキブリが幼虫から成長する前に退治してしまうことです。まずは、ゴキブリの幼虫を巣の周辺で退治してしまうようにしましょう。あとは、大人のゴキブリの退治になってきますが、大人のゴキブリは台所やお風呂場など水を使う周辺に出ることが多いので、そのあたりにゴキブリ駆除剤を置いておきます。そうすることで大人のゴキブリも毒餌を食べて死んでしまうので、ゴキブリの幼虫と大人のゴキブリの両方を退治することが出来ます。

チャバネゴキブリは巣を持たない

ゴキブリにはクロゴキブリとチャバネゴキブリの2種類がいます。このチャバネゴキブリというゴキブリはあまり巣というものを持ちません。その代わり、集団で行動をしているので、1匹見つけると数十匹は一緒にいることもよくあります。このチャバネゴキブリを退治しようと思ったら、巣を見つけることに時間をかけるのではなく、チャバネゴキブリを全滅させるつもりでゴキブリ対策を行ってください。このチャバネゴキブリというのは、非常に危険な種類のゴキブリです。繁殖力も強く、時間が経てばすぐにゴキブリの数が増えていってしまいます。そのため、チャバネゴキブリの巣を探してもまったく時間の無駄になってしまうことが多いです。ですから、チャバネゴキブリの場合は巣を見つけようとして時間を使ってしまうよりも、駆除剤などを使って一気に駆除してしまうことを考えた方が、早くチャバネゴキブリを退治してしまうことが可能になります。

ゴキブリの巣を見つけた時のゴキブリ対策

ゴキブリの巣を見つけた時のゴキブリ対策は、まず掃除をするようにします。

 

ゴキブリの巣というのは、大体ゴキブリの糞がたくさん落ちていることが多いです。

 

このゴキブリの糞がまたゴキブリの巣にゴキブリを呼び寄せてしまうので、必ずゴキブリの巣にある糞をきれいに掃除をするようにしてください。

 

それが出来たら、次はゴキブリの巣に毒餌を仕掛けてゴキブリ対策をします。

 

毒餌は、市販されているゴキブリ駆除剤で大丈夫です。

 

それをゴキブリの巣があった周辺にいくつか置いておきます。

 

ポイントは、ゴキブリの駆除剤をいくつか置くことです。

 

ゴキブリの駆除剤を1つだけ置いても、さすがにそれほど効果がありません。

 

だから、ゴキブリの巣にいくつかのゴキブリ駆除剤を置くことで、ゴキブリ対策としての駆除効果を高めておくことが、ゴキブリを駆除するために必要なことです。

 

あとは、ゴキブリが置いた毒餌系のゴキブリ駆除剤を食べて死ぬのを待つだけです。

 

ゴキブリの巣は、ゴキブリが集まってくるところです。

 

そこをしっかりと押さえて、ゴキブリを巣ごと退治するようにしましょう。

 

 

ゴキブリは巣に戻るのか?

ゴキブリは家の中に出るようになると、家のいたるところで見かけるようになります。

 

この時に気になるのは、ゴキブリは巣に戻るのか?というところです。

 

もしゴキブリが巣に戻るのであれば、そこを見つけて対策を行うことでゴキブリを巣ごと退治することが出来ます。

 

結論からいうと、ゴキブリは巣に戻ります。

 

正確には、ゴキブリには巣というものはないのですが、よくいる休憩スペースのような場所があって、そこへ戻っていきます。

 

なので、そこの場所が分かればその巣にゴキブリ駆除剤を置くことで、ゴキブリを巣ごと駆除することが出来ます。

 

ただ、この「ゴキブリの巣」を探すことは、決して簡単なことではありません。

 

大体は人の目に付かないところに巣を作っているので、普通にしていると見つけることは非常に難しいです。

 

ですから、ゴキブリが戻る巣を探して退治するよりも、ゴキブリの通り道になりそうなところにたくさんゴキブリ駆除剤を置いて、巣に戻る前にゴキブリを退治してしまうのが良いです。

 

まずは、ゴキブリがよく出る周辺にゴキブリ駆除剤を置いて、家の中に出てくるゴキブリの数が減っていくかどうかを観察するようにしましょう。

 

 

ゴキブリの巣の場所

ゴキブリにも巣があると考える方もいますが、ゴキブリは成虫になると単独行動が多くなるため、実は巣というものを持ちません。

 

だから、家の中にゴキブリが集まる巣は基本的には存在していません。

 

ですが、ゴキブリは自分の居場所というものを家の中に作ります。

 

自分が休憩したり、糞をするスペースですね。

 

ゴキブリの巣とは、そういうゴキブリの居場所のことを指しています。

 

ゴキブリの巣は、主に糞をしたりする場所になるので、家の中を掃除したときにゴキブリの糞が多くある場所がゴキブリの巣になります。

 

ちなみにゴキブリの糞というのは、直径が1mm程度の細かい黒いつぶのようなものですので、見ればすぐに分かると思います。

 

ゴキブリを巣ごと駆除するのであれば、糞が多くあるところに毒餌のゴキブリ駆除剤を置いておけば大丈夫です。

 

そうすることで、巣に戻ってきたゴキブリを駆除することが出来ます。

 

ゴキブリの巣は、普段掃除しないような冷蔵庫の裏やシンクの下などにあることが多いので、ゴキブリの巣が気になる方は一度家の中の大掃除をしてみることをおすすめします。