どうもフルートの吹き方が安定しない

最近フルートを練習していて思うのは、どうもいまいちフルートの吹き方が安定してくれません。音が出たり出なかったりと、思ったように吹けていないのです。どうも、フルートの当て方か角度に問題がありそうな感じなのですが、自分で練習している分にはまだ理由がよく分かっていません。フルート吹き方も、なかなか難しいですよね。最初のうちはもっと簡単に吹けるようになるものかと思っていたけれど、実際にやり始めてみたらそんなこともなく、思ったようなきれいなフルートらしい音も出てきてくれません。そんなに簡単に良い音が出れば苦労はしないところではあると思うのですが、それでもこうまで吹き方が不安定になると少し気持ちがへこんでくるところはありますね。でも、フルート初心者のうちはしょうがない部分も多いとは思うので、今はもっと基礎練習をしっかりやって吹き方を安定させていかないといけないのかなと思っています。ひとまず、友人におすすめされたのは、ロングトーンの練習。やってみると地味な基礎練習ではありますけど、私はこういうフルートの基礎練習はきらいではありません。まずはこの練習をしっかりやっていきながら、フルートの吹き方が安定していったらいいなと思っています。