いい加減フルート教室に通ってフルートを習おうかな

フルートを練習しているとどうも分からないことが多い。特に、音の出し方などはどうやったらきれいなフルートらしい音が出るのか、いまだに分かりません。だから、いい加減フルート教室に通ってフルートを習おうかなと思っています。フルートは独学では難しくて、しっかりとフルート教室でフルートの先生に習っていかないと全然吹けるようになってこないということが、やっと実感出来るようになってきました。でも、どのフルート教室に通うのかが迷い中です。大手のフルート教室だと通いにくそうなので、できれば個人でレッスンをしているフルート教室に通いたいって思っています。でも、そうすると、なかなかネットで探しても個人雄フルート教室が見つからないので、さてどうしたものかなと。もっとしっかりさがしてみたら見つかるのかもしれませんね。浜松市フルート教室

この前のフルートのレッスンの中で

この前のフルートのレッスンの中で息をまとめた方がいいと言われたけれど、息をまとめるってどんな感覚なのかなぁ。どうも私のフルートの吹き方だと、息の幅が横に広いみたい。そのせいで息の音が大きくなっているようなので、それを直すために息をまとめるという感覚が必要になるみたい。でも、まとめると息を細くするは違うみたいだし、なかなか難しいところがありますね。ひとまずロングトーンの練習をしっかりやっていくといいといわれたので、ロングトーンの練習時間をもっと増やしていこうかなと思っています。しかし、こういう感覚の部分というのは難しいですね。まだよく分かっていないところが多いですが、そこは修行なんだと思ってがんばります。

突然フルートの音が出なくなった

この前フルートを練習していたら、突然フルートの音が出なくなった。何でだろうと思っていたら、どうもフルートの調整がくるってしまったようで、音がすかすかになってしまいました。もう自分ではどうにもできないので、フルートメーカーにフルートを修理にもって行きましたが、修理代もなかなかの金額だったのでもう意気消沈です・・・。まあ、フルート自体は少し古いものではあるのでしょうがないとはわかっていますが、それでもちょっと痛い出費だなぁ。まだフルートを買い替えるには少し早い気もするし、もう少し様子を見てから考えようと思っています。

私のパールフルートは良い音がするはず

昨日のフルートの練習は、自分が思っているような音が出なくて散々な感じでした。理由は分かっていて、やっぱりブレスコントロールがうまくいかないんですよね。私の場合は、息を使う量が多いから、そのせいでフルートの音に息の音が多く混じってくるみたい。これを何とかしないといけないんだけど、どうしたものかなぁ。今のところロングトーンの練習をしっかりやってそこからブレスコントロールのこつを見つけようと思っているんですけど、なかなかうまくはいかないんですよね。友人の話だと、私が吹いているパールフルートはそれほど息をたくさん吹かなくてもきれいな音が鳴るという話だったので、もっと息の使い方を考えていけばいいのかなとも思っています。でも、私のパールフルートは自分でいうのもなんですが、良い音がするフルートなんですよ。友人にも「このパールフルートは当たりだね」なんて言ってもらえるので、奮発して買った甲斐があったと思っています。でも、問題は私が自分のパールフルートを吹きこなすだけの技術を持っていないこと。もっと考えてフルートを練習するようにしていかないといけないなって思っています。

フルートの練習時間が取れるようになってきました。

最近やっとフルートの練習時間がしっかり取れるようになってきました。おかげで、今まであまり出来なかった基礎練習にも時間を使えるようになってきました。でも、なかなかうまくきれなフルートらしい音というのは出てこないものですね。ロングトーンをしていても、フルートらしい音が出るときもあれば、尺八のように息の音ばかりの時もあるし。でも、たまにフルートらしい音が出てくるから、それが毎回になるように練習をしていけばいいのかなって思っています。まずはロングトーンの練習をしながらその中でどうやったらフルートらしい音が出せるようになるのかを考えていかないといけないかな。今のところ、フルートの基礎練習はロングトーンの練習と音階練習をしていますけれど、それ以外にもやった方がいい練習ってあるのかなぁ。でも、たくさん基礎練習をすると結局どれもいい加減になりそうなので、まずは今やっているフルートの基礎練習を中心にやっていこうと思います。

どうもフルートの吹き方が安定しない

最近フルートを練習していて思うのは、どうもいまいちフルートの吹き方が安定してくれません。音が出たり出なかったりと、思ったように吹けていないのです。どうも、フルートの当て方か角度に問題がありそうな感じなのですが、自分で練習している分にはまだ理由がよく分かっていません。フルート吹き方も、なかなか難しいですよね。最初のうちはもっと簡単に吹けるようになるものかと思っていたけれど、実際にやり始めてみたらそんなこともなく、思ったようなきれいなフルートらしい音も出てきてくれません。そんなに簡単に良い音が出れば苦労はしないところではあると思うのですが、それでもこうまで吹き方が不安定になると少し気持ちがへこんでくるところはありますね。でも、フルート初心者のうちはしょうがない部分も多いとは思うので、今はもっと基礎練習をしっかりやって吹き方を安定させていかないといけないのかなと思っています。ひとまず、友人におすすめされたのは、ロングトーンの練習。やってみると地味な基礎練習ではありますけど、私はこういうフルートの基礎練習はきらいではありません。まずはこの練習をしっかりやっていきながら、フルートの吹き方が安定していったらいいなと思っています。

フルート教室に通うことも考えないといけないのかな

フルート初心者向けの教本が何かないか友人に聞いたら、トリム楽譜出版のフルート教則本が使いやすいということだったので、早速購入してきました。たしかに、楽譜も見やすいし運指表も見やすいので、これなら私でも出来そうな感じです。でも、全部2人で演奏するような感じになっているから、これは先生と一緒に演奏したらもっと楽しいのかなって思っています。そう考えると、そろそろフルート教室に通うことも考えないといけないのかなって思っています。でも、なかなかフルート教室に通うにしても、自分の生活スタイルに合うフルート教室ってあまりないんですよね。仕事も残業が突発で入ったりするから、決まった曜日と時間のフルート教室だとどうしても欠席が多くなってしまうし。でも月謝は変わらないからちょっと悩んでしまいますよね。どうするのがいいのか分からないけれど、まずは地元のフルート教室を探してみようと思います。本当はフルートをやっている友人に聞ければいいのですけれど、友人はみんなフルート教室に通っていないので、なかなか難しいのかなと。だから、結局は自分でフルートの先生を探していくしか方法はなさそうな感じです。

趣味でフルートを始めてみました

最近、趣味でフルートを始めてみました。もちろん、まだまだ始めたばかりなのでフルート初心者です。でも、久しぶりに音楽の趣味をやれることになったので、嬉しくて毎日フルートを吹いています。でも、仕事が忙しいから夜に10分くらいしか吹けていません。でも、そのフルートを吹く10分が私にとっては一番の楽しみです。ひとまず、フルート初心者は頭部管の練習をしっかりやるといいよという友人からのアドバイスを受け、しっかりと頭部管の練習をフルートの練習の最初にやるようにしています。でも、今はまだこれが音が出たり出なかったりしている状態です。頭部管でフルートらしい音が出るようになってきたら、もっと早くフルート初心者を脱出できるんだろうけれど、今の状態だとまだまだフルート初心者の状態がながくかかりそうなかんじです。それでも、前に比べればだいぶ音がしっかり出るようになってはきているので、それだけでも進歩かなって思うようにしています。今習っているフルートの先生からも、フルートが好きなのが上手になる一番大切なことですから、といわれているので、なかなかうまくはいかなくてもこの調子でフルートの練習を続けていってみようと思っています。そうしたら、半年後くらいにはもっといろんなフルートの曲が吹けるようになっているかなと思っています。